光触媒

光触媒環境浄化装置は清潔で快適なクリーン環境をつくります。
光触媒セラミックフィルター 健康事業TOPへ

神奈川県横浜市にある盛和工業株式会社と東京大学橋本和仁教授、科学技術振興機構との産官学の共同研究で開発された『酸化チタン担持セラミックフィルター』です。

 
■光触媒セラミックフィルターの特徴
1. フィルター表面が非常にポーラス(気孔状)で表面積が大きい為、自在に酸化チタンの量をコントロールできます。
2. フィルター表面が汚れてもメンテナンスにより再使用できます。
(但し、表面をコーティングしてしまう様な物質は、メーカーにて再処理します。
3. フィルターが不燃物の為、光を大量に当てても心配なく、光源との距離を近づけることが出来ます。
(光触媒機能を最大限に利用できることにより効率アップ。)
4. 空孔率が80%〜90%と非常に高く、通気抵抗が極めて小さい。
5. 骨格がアトランダムに存在する為、流体との接触効率が良い。
  光触媒セラミックフィルター
光触媒セラミックフィルター

セラミックフィルター表面写真セラミックフィルター表面写真
(電子顕微鏡)

汚れた空気をいかにトラップさせられるか?
タタミ約4,000畳に匹敵する表面積を持つセラミックフィルターが、汚れた空気を根こそぎキャッチ!!+光触媒の優れた分解能力で、空気浄化!