環境分析センター

作業環境測定業務 岡山労働局長登録 第33-22号 作業環境測定法施行規則別表1,3,4,5号(鉱物性粉じん、特定化学物質、有機溶剤、金属)第9回総合精度管理事業参加 No.0660

■■職場の受動喫煙防止対策、ご相談ください■■

改正労働安全衛生法が施行され、平成27年6月1日から「職場の受動喫煙防止対策」が事業者の努力義務となりました。皆さまの職場で実施可能かつ効果的な対策をご提案いたします。お気軽にご相談ください。
当社ではあらゆる職場の作業環境測定と改善措置の実績があります。 局所排気装置の施行例 ≫


■下記の測定が可能です(土石、岩石、鉱物、金属、または炭素の粉じんを著しく発散する屋内作業場。石綿(アスベスト)等を取り扱い、若しくは試験研究のため製造する屋内作業場。特定化学物質等(第1類物質または第2類物質)を製造し、または取り扱う屋内作業場など。第1種有機溶剤または第2種有機溶剤を製造し、または取り扱う業務を行う屋内作業場) ■測定場所の例(・印刷工場(グラビア印刷・オフセット印刷)・化学工場・塗装工場・医療機関・病院等(ホルムアルデヒド、エチレンオキシド))

局所排気装置等定期自主検査業務 健康事業TOPへ
労働安全衛生法で定められた、一年以内ごとに一回の定期自主検査業務を代行いたします
労働・安全衛生コンサルタント業務 健康事業TOPへ
●労働・安全衛生コンサルタント事務所
 
こんな時に労働安全コンサルタント・労働衛生コンサルタントの活用を!

●労働災害が発生したとき

●安全衛生管理特別指導事業場の指定を受けたとき

●計画の届出をするとき

●労働安全衛生マネジメントシステムを行うとき

●機器整備や化学物質のリスクアスメントを行うとき

●機械設備や作業環境の改善を行うとき

●安全衛生講演や安全衛生教育の教師が必要なとき

●安全衛生管理規定や作業手順の作成をするとき

●安全衛生管理活動を活発にしようとするとき